TOEIC勉強法と試験対策

HOME > 海外営業よもやま話 > 海外営業に必要なスキルとは

海外営業に必要なスキルとは

とりあえず英語が海外営業の必須スキルと思われがちですが、実際には英語が必要なことをもちろん、貿易実務や輸出規制、輸入規制などの法令、貿易や通商協定、自社製品にかかわる国内と輸出先での法制度、関税法、契約法、ロジスティックスなどの知識が広範に求められます。

英語についてはうまく話せてあたりまえといったところがあるため、あまりスキルの一つとはなりません。むしろ、英語を使った物流関係のトラブル交渉に強い、価格交渉に強い、顧客への提案力があるといったような専門性がスキルの部分となります。

全般的なことでいえば、営業スキルが必要なことをもちろんですが、こうした貿易に伴う知識がないと顧客からの問い合わせや輸送トラブルに対処できないため、仕事になりません。

貿易を行う場合には、貿易書類が多数伴います。一例を挙げれば、QuotationかやProforma Invoiceからはじまり、Purchase Order、Order confirmation、Invoice、Packing list、B/L (Bill of Lading)、Shipping advice、AWB (Air way bill)、L/C (Letter of Credit)、Debit noteなど取引形態に応じても扱う書類の数は変わってきます。

既存顧客向けでの海外営業に求められるスキル

新規顧客開拓向けで求められる海外営業のスキル

TOEIC対策、英語学習に使った教材