TOEIC勉強法と試験対策

HOME > 海外営業よもやま話 > 貿易事務の通信教育にはどんなものがあるか

貿易事務の通信教育にはどんなものがあるか

当社の海外営業でも使っていますが、貿易事務の基礎知識を学べる通信教育(オンライン教育)としてはJETROの貿易実務オンライン講座がおすすめです。きちんと最後まで終えると終了証ももらえます。

ただ当海外営業部は筆者も含めずぼらな人間が多いので、日々少しずつやればよいものを締め切りの一週間前からすべてを回答するというようなことも珍しくありませんが、内容は幅広く、テキストもあとあとまで参照できるものです。

パソコンを使って行いますが、紙ベースのテキストもついてきます。基本的に使用可能なパソコンであれば、家でも会社でもどちらでも受講できます。

現時点でのオンライン講座は、貿易実務の基礎編と応用編、英文契約編の3種類の講座があります。筆者はこの3つとも受講しましたが、かなりおすすめの講座です。英文契約については基礎的な部分ですが、どういう点に気をつけなければいけないのかの初歩について学ぶにはよく、特に海外営業担当にはお勧めしたい内容です。貿易実務の基礎編は、これから貿易事務にかかわる人向けのもので、基礎的な内容がわかりやすく解説されたものです。会社によっては使わない種類の知識もありますが、汎用性の高い知識が多いため、知っておいて損はありません。

TOEIC対策、英語学習に使った教材