TOEIC勉強法と試験対策

HOME > 英語学習、勉強法、TOEIC、海外営業についての質問集(Q&A) > 英語が思うように通じない

入社して2年目の社会人です。学生の頃から英語は得意で、入社するときもTOEICは960点ありました。海外営業部に配属されたのですが、成果が思わしくなく、客先と思うように意思の疎通がはかれません。何かよい勉強法はないでしょうか。

意思の疎通がはかれないという場合は、語学力だけが原因でないことが多いです。あなたは自分の会社が販売している製品なりサービスなりを熟知しているでしょうか。それを購入する顧客側の事情についても詳しく説明できますか。

自社製品・サービスについてはほぼ完全に理解しており、顧客のビジネスについても理解しているという前提で話を進めていきます。 まずは顧客の「言い分をよく理解する」、これに尽きます。相手の母語が英語なのか、それ以外の言葉なのか、相手の英語力はどれくらいなのかによっても勉強方法は変わってきます。昔は、英語といえば、アメリカ英語、イギリス英語、オーストラリア、ニュージーランド等その程度の種類しか認識されていませんでしたが、英語が国際語として第1位の地位を築くにつれ、各地域の発音やリズム、場合によっては固有の単語まで加わり、それぞれの地域での「英語」が出てきています。

残念ながら、これらに完全に対応できる教材はまだ日本にはありません。インド英語に慣れたければ、こうしたインド英語を使う人たちと日々やり取りするのが最も近道になります。彼らの良く使うロジック、考え方も米国とはぜんぜん違うものだというのが分かってくると思います。

日本と同様に、英語圏や非英語圏でもその業界固有の習慣はあるものですが、海外営業をする上ではこれらを学んでいくことが必須といえます。

TOEIC対策、英語学習に使った教材