TOEIC勉強法と試験対策

HOME > 英語学習、勉強法、TOEIC、海外営業についての質問集(Q&A) > 履歴書にTOEICスコアは何点から書くべきか

就職活動をしている学生です。TOEICスコアが600点なのですが、周囲は皆800点とかそれ以上のスコアです。履歴書には何点から書くべきでしょうか。

TOEICは合格、不合格の出る資格試験ではないため、誰が受けても「スコア」が出てきます。学習に使うにはこの上なく便利なのですが、実際に履歴書に書く、となると迷うところですよね。

履歴書の資格欄が空白だとなんだか寂しいものでもありますが、何でもかんでも書けばいいというわけではありません。まずは、その履歴書を提出しようとしている会社がどんな会社なのかよく調べてください。海外営業部などの専門チームがあるのか、またそもそも海外とは直接取引はしないのか、現地法人はあるのか等。 英語が得意な学生を積極的に集めている会社であれば、600点前後だとアピールにはなりません。英語を使う職種から見れば、「英語について何も分からないというわけではない」という程度です。750以上はないと最低限の基礎力すらないと判断されます。

TOEICの平均点よりは600点だとかなり高いのですが、この平均点は無視してください。マークシートをほとんど白紙で出したり、まったくやる気のない受験者も多いため、「平均」は基準にはなりませんので。

あなたの受ける会社が、海外との直接取引がなく、特に海外での展開に積極的ではない場合、つまり英語を頻繁に使う仕事がなさそうだ、ということであれば600点でも書いておいて損はないでしょう。

ちなみに日本人の英語力というのは先進国の水準では低いほうで、とくにアジアでは、韓国、シンガポール(は少し例外ですが)、中国のグローバルに活動しているビジネスマンと互角にやっていくのは難しいです。まずは間違えることを恐れず、とにかく積極的に使っていく、その中で訂正すべきところは訂正していくというスタイルで、英語はとにかく使って覚えるしかありません。

TOEIC対策、英語学習に使った教材